探査技術の進歩によって、今まで地下に隠されていた、温泉を見つけることが出来るようになりました。また、掘削技術の進歩が、地下1000m以上も深い場所から温泉をくみ出すことを可能にしています。
      温泉は火山地帯だけの特産物ではありません。進んだ探査技術や掘削技術が、さまざまな地域からの温泉の掘削を可能にしているのです。

      温泉があなたのそばにあれば、用途は無限大です。
      医療福祉、リゾートやスポーツ施設など、地下から得られる無料の湯は経費削減へ大いに貢献します。
      慢性疾患、機能回復に温泉が効くことは知られていますが精神的なストレス解消など現代病の予防効果があることも確かめられています。

      温泉はあなたを豊かにします。
      当社は

      • 温泉の調査
      • 温泉の掘削
      • 温泉の利用計画

      すべての段階で、お客様のご要望にお答えできる、温泉の総合コンサルタントです。

      お金がかかりますが、節約する方法があります。
      勘にたより、やみくもに掘ってもお金がかかるばかりです。まずは、あなたの土地に温泉が出るのか、調べてみましょう。
衛生写真から有望な地域を探す
   ●リモートセンシング探査

実際に歩いて調べる
   ●地表地質調査

河川や地中ガスを調べる
   ●地化学的調査
地上での観測をもとに、地下深部の温泉を捜すために物理探査を行います。



地下の割れ目を探す
   ●放射能探査

地中の重さの違いを調べる
   ●重力探査

電気の流れやすさから判断する
   ●電気探査

磁気の違いから断層を探す
   ●磁気探査

地層の違いを調べる
   ●弾性波探査
他にもいろいろな調査方法がありますが、調べる地域によって最適な調査方法を選択して実施します。
それは温泉の成り立ちと関係があります。温泉は地下の断層の割れ目から出てくるものや、地下水が静かに溜まっている所を暖められているものなどいろいろあります。放射能探査は温泉調査に有効といわれていますが決して万能ではありません。平地や盆地などでは有効性に疑問が持たれています。適材適所が大切なのです。私たちは地域にあった、精度が高く、経費の安い方法をお選びします。
      ※事前の調査によって、最適な掘削ポイントや掘削深度を知ることが、実際の掘削にかける経費を削減させます。


各種の調査によって掘削ポイントと掘削すべき深度が判明すれば、実際の掘削工事に入ります。
温泉の掘削は水井戸とはかなり異なります。調査の結果、100m以上深いところを掘削する場合には、浅い井戸と比べ大変な技術を必要とします。

図でもわかるように掘削の孔径を何段階にも変えて掘っていきます。

十分な調査を尽くしても、地下は誰も見たこともない世界です。いままでもさまざまなアクシデントが起きました。そのたびに経験豊かな技術者がきめ細かく対応して解決しました。

※高度な掘削技術と豊かな経験がお客様にかかるリスクを減らし、結果的には経費を節約します。
      利用方法、運用の企画もお任せください
      掘削後、揚水量試験や成分分析が行われ、温泉の特徴が明らかになります。温泉の特徴によってお客様に合った利用方法を考えます。もっとも夢がふくらむ時です。
当社では、温泉の利用方法や運営もご提案できます。

温泉を浴用としてご利用になる場合、浴槽に循環される湯量は利用される人数によって増減しなければ、経済的な利用はかないません。また湯温が高ければ、入りやすい温度まで下げなければなりませんが、水道を使っては経費がかかります。水井戸を掘るのも総合的な経費削減になります。
このように浴用に利用するだけでも考えなければならないことはたくさんあります。でも、面倒なことは一切、当社にお任せください。お客様のご負担を少なくして、もっとも利のある運用を考えます。

温泉は医療・福祉に効果大!

温泉はリゾート・レジャー用途だけではありません。病気治療や身体の機能回復にも効果が高いことは証明済みです。病院や福祉施設での温泉の利用も効果ある投資です。スポーツ施設やホテルでの安価な温水の供給源として温泉を考えてみてはいかがでしょうか。

トップページ営業案内メニュー
2000 ShinkyoChisui . All rights reserved.